メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

海外トップの研究者育成へ 留学支援・新プログラム創出 11億円要求

 文部科学省は、海外で活躍できるトップクラスの若手研究者を育成するため、海外研究者との人脈作りも含めた留学支援や、国内の機関に研究者を集め論文の書き方などを指導する方針を固めた。研究者個人や機関向けの新たな育成プログラムを作り、2019年度予算の概算要求に約11億円を盛り込む。

 日本では、博士号を取得しても収入や雇用が不安定なため若手研究者が減り、海外留学する研究者も減少。このため、世界的に評価される論文や海外研究者との共同研究も減っている。

 若手研究者への支援では、これまで日本学術振興会を通じて実施してきた助成制度に、新たに90人枠のプロ…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです