メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
貿易激震

関税第2弾 米中報復、持久戦 中国 金融動揺、景気に影/米国 コスト増、怒る企業

米中の制裁・報復をめぐる動き

 米中両政府は23日、第2弾の制裁・報復関税措置をそれぞれ発動した。貿易を巡る対立がエスカレートする一方で、自国経済への影響も広がり始めている。両国は摩擦の緩和を目指し協議を再開したが、双方の溝は深く妥協点が見つからない状況で、経済的な痛みに耐えつつ相手の譲歩を待つ「持久戦」の様相となっている。【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】

 「猛暑に加え、中米の貿易摩擦の影響もあった」。中国自動車工業協会が発表した7月の新車販売は前年同月…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2045文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです