メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
金言

価値多様化の行方=西川恵

 <kin-gon>

 「5月革命」と「プラハの春」から50年である。一方は学生の反乱、他方は自由を求める民主化運動と、資本主義と社会主義の両陣営で同時期に起きた異議申し立てで、今日の価値の多様化と相対化へ大きな起点となった。

 「5月革命」は1968年5月、大学や政府の管理強化に反発するフランスの学生の反乱で始まり、西側先進国に波及。ベトナム戦争反対運動などとも結びついて各国の政治、社会に大きなインパクトを与えた。「プラハの春」は68年1月、チェコスロバキア(当時)のドプチェク新政権が「人間の顔をした社会主義」を掲げて進めた民主改革だ。しかし8月、旧ソ連と東欧諸国の軍事介入で潰された。

 学生の反乱は西側社会では性の解放、地球環境保護、脱物質主義など新しい価値とライフスタイルを生み出し…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです