メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

価値多様化の行方=西川恵

 <kin-gon>

 「5月革命」と「プラハの春」から50年である。一方は学生の反乱、他方は自由を求める民主化運動と、資本主義と社会主義の両陣営で同時期に起きた異議申し立てで、今日の価値の多様化と相対化へ大きな起点となった。

 「5月革命」は1968年5月、大学や政府の管理強化に反発するフランスの学生の反乱で始まり、西側先進国に波及。ベトナム戦争反対運動などとも結びついて各国の政治、社会に大きなインパクトを与えた。「プラハの春」は68年1月、チェコスロバキア(当時)のドプチェク新政権が「人間の顔をした社会主義」を掲げて進めた民主改革だ。しかし8月、旧ソ連と東欧諸国の軍事介入で潰された。

 学生の反乱は西側社会では性の解放、地球環境保護、脱物質主義など新しい価値とライフスタイルを生み出し…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです