メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

米トルコ関係最悪なの? 牧師拘束巡り対立 報復合戦、世界に影響=回答・鈴木一生

 なるほドリ 米国とトルコの関係が最悪なんだって?

 記者 2016年7月にトルコで起きたクーデター未遂(みすい)事件に関わったとして、トルコ当局が拘束した米国人牧師(ぼくし)の扱いでもめています。トランプ米政権は「無実だ」と釈放を求めましたが、トルコは拒否。米国が今月、トルコ2閣僚(かくりょう)に経済制裁(せいさい)を科して、一部製品への関税(かんぜい)引き上げを表明すると、トルコも同じやり方で応じる報復(ほうふく)合戦が続いています。トルコの通貨(つうか)リラが急落し、世界経済にも悪影響が出ています。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです