メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

2018自民党総裁選 地方から/中 東北、農政への疑念今も TPP・農協、対抗軸見えず

自民党総裁選を前に農政への不安を語るコメ農家の阿部利勝さん=山形県庄内町で8日、小田中大撮影

 かつて熊本県で農協組合長を務めていた自民党の藤木真也参院議員(51)は7月21日、山形市で思いがけない言葉を聞いた。同じ岸田派の大沼瑞穂厚生労働政務官(39)のパーティーで、農協関係者から「安倍(晋三首相)さんに対抗してもらわないと困りますよ」と声をかけられたのだ。大沼氏は来年夏の参院選山形選挙区で改選を迎える。藤木氏は農家の根強い不満を実感した。

 会合には岸田文雄政調会長(61)も駆けつけ、「9月には総裁選がある。日本は誰をリーダーにし、どんな…

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです