メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ、悲劇今も 衝突1年 劣悪キャンプに「定住」

シェルターがひしめくように密集する難民キャンプ=バングラデシュ南東部コックスバザール郊外で2018年6月24日、松井聡撮影

 ミャンマー西部ラカイン州で少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の武装集団と治安部隊が衝突し、70万人以上の難民を生み出した事態の発生から25日で1年。隣国バングラデシュに逃れた難民は長期化するキャンプ生活の中で、性的暴力や人身売買などの「人道危機」にもさらされ続けている。ミャンマー政府はロヒンギャへの迫害に関する国際的な調査を認めず、早期帰還など解決の道筋も見えていない。

 バングラデシュに逃れたロヒンギャは帰還のめどが立たず、キャンプでの生活がさらに長期化する見通しだ。…

この記事は有料記事です。

残り2631文字(全文2867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです