メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 エジプト・アブシンベル 神殿移設、水没から救済 「世界遺産」創設のきっかけ

 それは前代未聞の大事業だった。岩山を掘って造られたエジプト南部の巨大な「アブシンベル神殿」を、そっくりそのまま動かそうという計画だ。神殿移設から来月で半世紀。歴史的建造物や自然環境を保護する「世界遺産」の制度が誕生するきっかけとなった遺跡救済プロジェクトだが、その「功罪」も含め、さまざまな問いを今も投げかけている。【アブシンベル(エジプト南部)で篠田航一】

 紀元前13世紀、古代エジプトのファラオ(王)のラムセス2世によって建てられた神殿は現在、エジプト屈…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです