メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 エジプト・アブシンベル 神殿移設、水没から救済 「世界遺産」創設のきっかけ

 それは前代未聞の大事業だった。岩山を掘って造られたエジプト南部の巨大な「アブシンベル神殿」を、そっくりそのまま動かそうという計画だ。神殿移設から来月で半世紀。歴史的建造物や自然環境を保護する「世界遺産」の制度が誕生するきっかけとなった遺跡救済プロジェクトだが、その「功罪」も含め、さまざまな問いを今も投げかけている。【アブシンベル(エジプト南部)で篠田航一】

 紀元前13世紀、古代エジプトのファラオ(王)のラムセス2世によって建てられた神殿は現在、エジプト屈…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです