メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 エジプト・アブシンベル 神殿移設、水没から救済 「世界遺産」創設のきっかけ

 それは前代未聞の大事業だった。岩山を掘って造られたエジプト南部の巨大な「アブシンベル神殿」を、そっくりそのまま動かそうという計画だ。神殿移設から来月で半世紀。歴史的建造物や自然環境を保護する「世界遺産」の制度が誕生するきっかけとなった遺跡救済プロジェクトだが、その「功罪」も含め、さまざまな問いを今も投げかけている。【アブシンベル(エジプト南部)で篠田航一】

 紀元前13世紀、古代エジプトのファラオ(王)のラムセス2世によって建てられた神殿は現在、エジプト屈…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです