特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-糸谷哲郎八段 第7局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

びっくり箱

 「何が出るのかわからない、人間ならではのびっくり箱のような将棋」

 糸谷は自身の棋風をこう分析する。羽生も糸谷将棋を「発想が豊かな力強い棋風」だと評していた。本局でも糸谷らしさが現れた。図で[先]4四歩を[後]同玉と取ったのが「らしい」強手。五段目に竜が利いているため「一般の人は指さない」。

 この手を見た羽生は目を見開き、「いやあ……」と髪をかき上げた。[先]4五金[後]5三玉[先]3四金は[後]8三香で玉の逃げ道ができる。本譜は[先]6二金から飛・竜の取り合いになったが、タイミングがまずかった。[先]5一金に[後]4五角(本日終了図)が絶品だったからだ。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文595文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集