メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニコン

3年ぶり参戦 ミラーレス競争激化へ カメラファンに照準

ミラーレスの新商品を手に、世界シェア1位を目指すと宣言した牛田一雄社長(中央)ら=東京都品川区で2018年8月23日午後2時39分、柳沢亮撮影

 スマートフォンの普及などでデジタルカメラ市場が縮小する中、ニコンは23日、3年ぶりとなるミラーレスの新商品を9月下旬から発売すると発表した。小型、軽量でも高性能なミラーレスはプロカメラマンや女性を中心に人気が出ており、ニコンの再参入でさらに競争が激化しそうだ。【柳沢亮】

 「スマホより良い写真が撮りたい人や若い層に人気だ。世界シェア1位を目指す」。23日の新商品発表会で、ニコンの牛田一雄社長は再参入する理由を語った。発売するのは、大型画像センサーを搭載した「Z7」(9月下旬予定)と「Z6」(11月下旬予定)の2機種。店頭予想価格がそれぞれ44万円前後、27万円前後と高価格だが、プロカメラマンやカメラを愛好する幅広い層への浸透を狙う。

 デジタルカメラの世界出荷は、スマートフォンの内蔵カメラの高画質化などを背景に縮小している。カメラ映像機器工業会によると、ピークだった2010年の約1億2000万台に対し、17年は約2500万台と5分の1程度まで落ち込んだ。一方、ミラーレスは一眼レフに比べ小型、軽量で、初心者にも操作しやすいメリットがあり、17年の出荷台数は前年比3割増の410万台となり、約760万台で前年比1割減の一眼レフを追い…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです