メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニコン

3年ぶり参戦 ミラーレス競争激化へ カメラファンに照準

ミラーレスの新商品を手に、世界シェア1位を目指すと宣言した牛田一雄社長(中央)ら=東京都品川区で2018年8月23日午後2時39分、柳沢亮撮影

 スマートフォンの普及などでデジタルカメラ市場が縮小する中、ニコンは23日、3年ぶりとなるミラーレスの新商品を9月下旬から発売すると発表した。小型、軽量でも高性能なミラーレスはプロカメラマンや女性を中心に人気が出ており、ニコンの再参入でさらに競争が激化しそうだ。【柳沢亮】

 「スマホより良い写真が撮りたい人や若い層に人気だ。世界シェア1位を目指す」。23日の新商品発表会で、ニコンの牛田一雄社長は再参入する理由を語った。発売するのは、大型画像センサーを搭載した「Z7」(9月下旬予定)と「Z6」(11月下旬予定)の2機種。店頭予想価格がそれぞれ44万円前後、27万円前後と高価格だが、プロカメラマンやカメラを愛好する幅広い層への浸透を狙う。

 デジタルカメラの世界出荷は、スマートフォンの内蔵カメラの高画質化などを背景に縮小している。カメラ映…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです