メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱マテリアル

データ改ざん 子会社捜索 イメージ失墜、新体制に試練

 三菱マテリアルグループの製品データ改ざん問題が刑事事件に発展し、信頼回復を誓って6月に発足した新体制は早々につまずいた。国内や米国市場の変化で最近の業績に陰りが見られる中、イメージ失墜は避けられず、同社は一段と厳しい試練に直面している。

 三菱マテリアルでは6月22日に小野直樹新社長が就任。記者会見に臨み「ガバナンス(企業統治)の強化に不退転の決意で取り組む」と宣言したばかりだった。

 昨年来、子会社のアルミニウムや銅製品で検査数値の改ざんなどが相次いで発覚しても竹内章前社長は引責辞…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文583文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです