メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日本企業は「新しい中国」にこそ注目せよ!=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 米中貿易摩擦が激しくなっている。かつての日米摩擦もそうだったが、政治的には「新興国が先進国の技術を盗んで安い人件費と不公正な国家補助を使い、貿易攻勢をかけて米国内の産業や雇用を破壊する」という構図が描かれる。しかし、この手の議論が盛り上がるころには、新興国側は技術的にもトップレベルに達し、産業構造もキャッチアップ型からイノベーション型への移行期に入っている。

 中国についても同様で、当地のトップ大学の学術研究水準は、日本のそれをしのぎつつあり、欧米の一流大学にも非常に多くの中国人が留学し、そこでトップレベルの研究を担っている若者も多い。昔の企業派遣日本人留学生と違い、独立志向、起業志向が強く、米シリコンバレーで起業する者もいれば、最近は「ウミガメ族」と言われる、帰国して起業、あるいはテンセントやアリババのようなデジタルメガベンチャーに就職する若者も急増…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです