メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ひと

和合亮一さん=震災前後の詩を「現代詩文庫」2冊にまとめた

詩人の和合亮一さん=2018年8月7日、根岸基弘撮影

和合亮一(わごう・りょういち)さん(50)

 詩作を始めて30年。現代詩をけん引する思潮社の現代詩文庫から、「和合亮一詩集」と「続・和合亮一詩集」の2冊を同時刊行した。「学生時代、図書館から借りた現代詩文庫をコピーして幾度も読み返しました。その出合いが詩の扉を開いてくれたので、とてもうれしい」と率直に語る。

 2冊を分けるのは東日本大震災。続編は原発事故のさなか、ツイッターで発信し続けた「詩の礫(つぶて)」…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文693文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです