メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

東京五輪学生ボランティア 「応援サイト」が急拡散 「猛暑も絆で耐えられる」/組織委を褒め殺し

早稲田大2年の松本海月さんが制作したサイト「東京五輪学生ボランティア応援団」

 <net watch>

 「東京五輪学生ボランティア応援団」というサイトが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で拡散している。一見、2020年東京五輪・パラリンピック(7月24日~9月6日)の学生ボランティアを絶賛しているようで、実は痛烈な風刺になっているのだ。サイトを制作した早稲田大政治経済学部2年の松本海月(かずき)さん(20)に、サイトに込めた思いを聞いた。【大村健一】

 もともと社会に広く訴えるつもりはなかったという。19日に「友達に見せる」くらいの感覚で6時間ほどでサイトを作り上げた。翌20日に各種SNSで急激に拡散され、ツイッターの拡散数などを示す「トレンド」ランキングでは一時、国内トップ3に入った。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです