連載

Features・2020年へ

Features(フィーチャーズ)は英語で特集や主役などを意味する。2年後の東京五輪を目指し、アジア大会を戦う日本選手団を紹介する。

連載一覧

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 空手・形 清水希容(24) 「終わりなき旅」追求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
清水希容 伝統の美究め
清水希容 伝統の美究め

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 日本の伝統競技として、世界選手権で2連覇しており、2020年東京五輪で金メダルの宿命を背負う空手界の顔だ。16年に追加競技として初めて採用が決まり、期待が一気に高まるアジア大会に臨む。今でも1日6時間、鏡の前で仮想の敵との攻防をイメージして動きを繰り返し、世界のトップを走り続ける。

 リオデジャネイロ五輪開催直前の16年8月4日、東京五輪での実施が決まって人生が変わった。何度も五輪競技を目指しながら落選し、東京で採用されなければ16年の世界選手権(オーストリア)で競技を引退する覚悟だった。決定後は「空手って瓦割りするやつですよね」と言われることもなくなり、17年にはプロ野球・巨人の開幕戦の始球式に呼ばれた。女子組手の植草歩(JAL)とともに、空手の存在をアピールする役割も担う…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文967文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集