黒部ダムカレー

愛され10年 年間5.7万食売り上げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ダムのえん堤に見立てたライスでしっかりとルーをせき止めた「豚のさんぽ」の黒部ダムカレー=長野県大町市で2018年6月4日午後2時51分、安元久美子撮影
ダムのえん堤に見立てたライスでしっかりとルーをせき止めた「豚のさんぽ」の黒部ダムカレー=長野県大町市で2018年6月4日午後2時51分、安元久美子撮影

 ライスをダムのえん堤に見立てて、水のようにルーを流し込んだ「ダムカレー」の先駆け的存在である長野県大町市の「黒部ダムカレー」が誕生して今夏で10年目を迎えた。黒部ダム以外にも七倉ダム、大町ダムなどがある「ダムの街」の大町市を盛り上げようと生まれた一品。昨年、市が黒部ダムカレー推進協議会加盟店に実施したアンケートでは、1年間の販売数は18店で5万7000食と売り上げは好調だ。【安元久美子】

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文953文字)

あわせて読みたい

注目の特集