メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良

道路インフラ老朽化深刻 930カ所、早期対策必要

国道165号大和高田バイパス高架橋の点検の様子=奈良県葛城市で2017年7月14日午後4時48分、奈良国道事務所提供

8166カ所点検 国や県直接支援も

 橋やトンネルといった道路インフラの老朽化対策が奈良県内でも急務になっている。最近4年間で点検された8166カ所のうち、1割超の930カ所が緊急または早期の措置が必要なことが判明。財政難や技術職員不足が深刻な市町村もあり、国や県が直接支援に乗り出す動きもある。【新宮達】

 「財政面のネックがあり、全部の修繕はできない。迂回(うかい)路の有無などで優先順位を付け、できるも…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです