メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里親

26年の本井さん 2人成人しても続く家族のきずな

愛理さん(手前)と、幼少時や成人式の写真を前に思い出話をする本井栄子さん。今春、アルバムにして実母に渡した=群馬県高崎市内で2018年8月21日、鈴木敦子撮影

 家族のかたちはいろいろある。血縁や法律上のつながりがなくても、日常を通して家族はできていく。26年前に里親登録した群馬県高崎市の本井栄子さん(63)は、迎えた2人の子どもが成人した今も一緒に暮らしている。委託期間の「18歳」はとっくに過ぎたが、本井さんは言う。「家族であることに変わりはないから」【鈴木敦子】

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです