メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段、里見女流4冠と対局始まる 公式戦は初

将棋棋聖戦1次予選で、初手を指す里見香奈女流王座(左)。右は藤井聡太七段=大阪市福島区で2018年8月24日午前10時、山崎一輝撮影

 将棋の藤井聡太七段(16)と里見香奈女流王座(26)が対戦する第90期棋聖戦1次予選が24日午前10時、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。里見は女流全6タイトルのうち四つを持つ女流棋士の第一人者。一方、史上最年少でプロ入りした藤井にとって、女流棋士との公式戦は初めてとなり、注目の一番に24社約50人の報道陣が詰めかけた。

 対局室には藤井、里見の順に入り、藤井が上座を占めた。藤井は長袖シャツを腕まくりして、上着は着ていない。里見は薄いグレーのスーツ姿。振り駒で里見が先手番となり、里見の中飛車、藤井の居飛車で戦いが進行した。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです