メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段、里見女流4冠と対局始まる 公式戦は初

将棋棋聖戦1次予選で、初手を指す里見香奈女流王座(左)。右は藤井聡太七段=大阪市福島区で2018年8月24日午前10時、山崎一輝撮影

 将棋の藤井聡太七段(16)と里見香奈女流王座(26)が対戦する第90期棋聖戦1次予選が24日午前10時、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。里見は女流全6タイトルのうち四つを持つ女流棋士の第一人者。一方、史上最年少でプロ入りした藤井にとって、女流棋士との公式戦は初めてとなり、注目の一番に24社約50人の報道陣が詰めかけた。

 対局室には藤井、里見の順に入り、藤井が上座を占めた。藤井は長袖シャツを腕まくりして、上着は着ていな…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文567文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館 /群馬
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 東洋の魔女に「吉報」届かず 東京五輪・パラ チケット抽選結果発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです