メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段、里見女流4冠破る 棋聖戦予選

 将棋の藤井聡太七段(16)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第90期棋聖戦1次予選で里見香奈女流王座(26)を82手で破った。里見は女流全6タイトルのうち四つを持つ女流棋士の第一人者。一方、史上最年少でプロ入りした藤井にとって、女流棋士との公式戦は初めてとなり、注目の一番に24社約50人の報道陣が詰めかけた。

 対局室には藤井、里見の順に入り、藤井が上座を占めた。藤井は上着を着ず、長袖シャツを腕まくりしている。里見は薄いグレーのスーツ姿。振り駒で里見が先手番となり、里見の中飛車、藤井の居飛車で戦いが進行。藤井は先に1時間の持ち時間を使い切り、秒読みになったが、激しい攻め合いを制した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです