メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・川上村

子供の歓声響け 支援策効果で移住者増

課外授業でシャボン玉作を楽しむ子供たち=奈良県川上村の村立川上小で2018年7月、加古信志撮影

 2045年までの人口減少率が全国の市町村で最悪と推計されている奈良県川上村で近年、村外からの若い移住者が増えている。村の小学校では今春、新入学の1年生7人のうち5人が新住民の子だった。村は積極的な移住支援策を展開していて、「人口が減っても若い人がいれば村は成り立つ。絶対に村を地図から消させない」と決意する。

 人口約1300人の山深い村には、14年度以降、若い世代を中心に少なくとも27世帯60人が「Iターン」で転入した。7月中旬、村立川上小(児童27人)の校庭では子供たちの明るい声が響いた。1年生の百々(どど)遙香さん(6)は「カエルは体がツルツルして大好き。虫も好きになったよ」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです