メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

標的は「中国製造2025」 制裁関税第2弾発動

米国の対中制裁関税と中国の報復関税の概要

米中の制裁・報復措置は拡大、貿易戦争は一層、泥沼化

 【北京・赤間清広、ワシントン清水憲司】トランプ米政権は23日午前0時(日本時間同日午後1時)過ぎ、年間輸入総額160億ドル(約1.8兆円)規模の中国製品に追加関税を課す対中制裁の第2弾を発動した。中国も即座に同規模の報復措置を実施に移した。米中の制裁・報復措置は7月の第1弾と合わせて計500億ドル規模に拡大し、世界の2大経済国が互いに高関税を課し合う貿易戦争は一層、泥沼化した。

 米国の制裁第2弾の対象は、半導体や化学品、鉄道など279品目。第1弾同様、中国のハイテク産業発展戦…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです