メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

標的は「中国製造2025」 制裁関税第2弾発動

米国の対中制裁関税と中国の報復関税の概要

 【北京・赤間清広、ワシントン清水憲司】トランプ米政権は23日午前0時(日本時間同日午後1時)過ぎ、年間輸入総額160億ドル(約1.8兆円)規模の中国製品に追加関税を課す対中制裁の第2弾を発動した。中国も即座に同規模の報復措置を実施に移した。米中の制裁・報復措置は7月の第1弾と合わせて計500億ドル規模に拡大し、世界の2大経済国が互いに高関税を課し合う貿易戦争は一層、泥沼化した。

 米国の制裁第2弾の対象は、半導体や化学品、鉄道など279品目。第1弾同様、中国のハイテク産業発展戦略「中国製造2025」の重点分野を主な標的にしている。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです