猛暑

8月に出勤しないという働き方をする会社とは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
パソコンを使って伊野さんと連絡をとる「ROLLCAKE」のスタッフ=東京都目黒区で、米田堅持撮影
パソコンを使って伊野さんと連絡をとる「ROLLCAKE」のスタッフ=東京都目黒区で、米田堅持撮影

 記録的な猛暑が続くこの夏、毎日の通勤がつらいという人も多いだろう。そんな中、8月はオフィスに出勤しなくても良いという夢のような会社があるという。2015年から避暑地などでリモートワークを使った働き方を認めているIT関連企業「ROLLCAKE」(東京都目黒区)を取材してみた。【米田堅持】

「絆」が商品だから家族と一緒に

 発端は同社が力を入れている写真アルバムのサービス「ALBUS(アルバス)」を設計した伊野亘輝さん(44)からの「猛暑の中で出勤するのは厳しい。リモートワークなどを活用して出勤せずに勤務できないか」という提案だった。

 「アルバス」は毎月8枚までの正方形の写真プリントが無料で注文できる家族アルバムを提供するサービス。伊野さんは「家族との絆を意識するからこそ、家族と一緒にいて仕事をするのは大きい」と提案理由を説明する。16年にサービスを開始した「ALBUS」は、「インスタ映え」を意識する20代から40代、特に女性の圧倒的な支持を受けて売り上げを伸ばし、同社を支えるサービスの一つとなっている。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1184文字)

あわせて読みたい

注目の特集