メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガン

タリバン、モスクワの和平促進国際会合に参加へ

 【ニューデリー松井聡】内戦が続くアフガニスタンの旧支配勢力タリバンが、9月4日にモスクワで開催されるロシア政府主催のアフガンの和平を促す国際会合に参加する。タリバンのムジャヒド報道官が22日、毎日新聞に明らかにした。タリバンが国際会議に参加するのは極めて異例。米国との交渉を見据え、国際社会の支援を取り付けたいタリバンと、アフガン和平で主導権を握りたいロシアとの思惑が一致した格好だ。

 ムジャヒド氏によると、会合には中東カタールの首都ドーハにある政治事務所トップのスタネクザイ氏率いる代表団が出席する。会合は昨年に続き2回目だが、タリバンの出席は初めて。中国、パキスタン、イラン、中央アジア5カ国なども参加する見通し。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです