メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

広島・三原市、緊急速報メール配信せず

西日本豪雨時の広島県三原市内。濁流に飲み込まれた鉄道線路と踏み切りのそばを救急車が通る=2018年7月7日、小出洋平撮影

 西日本豪雨で8人が死亡した広島県三原市が豪雨当日の7月6日夜、スマートフォンや携帯電話に避難指示などの情報を一斉に送る緊急速報メールを配信していなかったことが23日、市への取材で分かった。2011年度に導入して以来運用実績はないといい、市の担当者は「ほぼ全世帯に受信機があるコミュニティーラジオ放送…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです