西日本豪雨時の広島県三原市内。濁流に飲み込まれた鉄道線路と踏み切りのそばを救急車が通る=2018年7月7日、小出洋平撮影

 西日本豪雨で8人が死亡した広島県三原市が豪雨当日の7月6日夜、スマートフォンや携帯電話に避難指示などの情報を一斉に送る緊急速報メールを配信していなかったことが23日、市への取材で分かった。2011年度に導入して以来運用実績はないといい、市の担当者は「ほぼ全世帯に受信機があるコミュニティーラジオ放送…

続きを読む