自衛隊

日本初の女性戦闘機パイロットが誕生

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
F15戦闘機の教育課程を修了し、航空自衛隊初の女性戦闘機パイロットになった松島美紗2等空尉=宮崎県新富町の新田原基地で2018年8月23日、塩月由香撮影
F15戦闘機の教育課程を修了し、航空自衛隊初の女性戦闘機パイロットになった松島美紗2等空尉=宮崎県新富町の新田原基地で2018年8月23日、塩月由香撮影

 航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)の松島美紗2等空尉(26)が23日、F15戦闘機の訓練課程を修了し、日本初の女性戦闘機パイロットになった。24日付で九州・四国上空を守る第5航空団に配属される。

 松島2尉は横浜市出身。小学生の頃、米海軍の戦闘機パイロットたちの青春群像を描いたアクション映画「トップガン」を見て戦闘機パイロットに憧れた。防衛大を卒業して2014年に空自に任官。当時の防衛省は戦闘機パイロットを…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

あわせて読みたい

注目の特集