メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビジネス

日本経済の損失は15兆円?「睡眠負債」解消へ大企業の取り組みは

 長時間労働を是正する「働き方改革」や従業員の健康管理を経営戦略として捉える企業が増える中、新たに「睡眠」が注目されている。仕事の効率アップや、健康増進による医療費削減のため、従業員に良質な睡眠を習慣づけるべきだとの意識が企業に芽生え始めている。睡眠不足を改善するための企業向けサービスも始まった。

 厚生労働省の2015年の調査では、1日の平均睡眠時間が6時間未満の人(20歳以上)は約4割。このうち4割超が「日中、眠気を感じた」と回答し、3割超が「睡眠時間が足りなかった」との認識を示した。近年は睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼすという「睡眠負債」が話題になっている。

 だが、勤務時間外の社員の睡眠を企業が把握するのは簡単ではない。このため、日立製作所は今年4月、スマ…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1476文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです