メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第2部 源流を探る/国立大法人化の影響は? キーパーソンに聞く

「新しい発想で自由な研究ができる環境を保証し、大学の魅力を取り戻すことが必要」と語る長尾真さん=京都市左京区で2018年7月9日午後4時19分、阿部周一撮影

 2004年の国立大法人化は日本の科学技術にどのような影響を及ぼしたのか。03年まで国立大学協会会長を務め、法人化の制度設計にも関わった長尾真・元京都大学長(81)に聞いた。

問題は国が競争原理を持ち込んで予算でコントロールするようになったこと

 ■元京都大学長、長尾真さん(81)

 --日本の研究現場の疲弊は2004年の国立大学法人化が契機ですか?

 時期が同じなので法人化と国立大の運営費交付金削減を結び付ける人が多いが、実は法人化前から大学関係予…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです