メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラシックナビ インタビュー

大野和士・次期芸術監督<下> 史上初!国と都の共作オペラで東京五輪盛り上げへ

 9月の正式就任を目前に控えた大野和士・次期新国立劇場オペラ芸術監督のインタビューの後編。国内外の大きなポストを複数兼任していることに加えて、世界のオペラ劇場、オーケストラから引く手あまたの多忙なマエストロだけに、今後、新国立劇場とはどのように関わっていくのか。また、任期中に開催される東京五輪・パラリンピックへの対応などについて聞いた。(宮嶋 極)

――最初のシーズンから五つの柱を巧みに反映させたラインアップで、ファンの期待は一層高まりそうですが、ご自身の指揮者としての登場回数が2回は少ないような印象もあります。もっと指揮してほしいと望むファンも多いのでは?

この記事は有料記事です。

残り3999文字(全文4280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  5. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです