メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

512 火星の水/3止 高まる生命発見への期待

 米航空宇宙局(NASA)の無人探査車キュリオシティーは、火星のシャープ山(写真1)のふもとで、岩石表面を深さ5センチまで掘削(くっさく)して(写真2)泥岩(でいがん)のサンプルを採取し、搭載(とうさい)しているフランス製機器による分析(ぶんせき)の結果、有機物をいっぱい含(ふく)む地球の堆積岩(たいせきがん)に似た有機化合物を発見しました。この地域には火星の淡水湖(たんすいこ)が存在していたと考えられています。

 しかもキュリオシティーからの3年分の測定データから、火星大気中のメタン(簡単な有機物)濃度(のうど…

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1474文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです