メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/239 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

 直邦が走ってくると、タケシの手を引いていった。

「錦糸公園もみんな焼けちゃったね。だけど、時田の家のみんなは元気だ。やったね、タケシ兄ちゃん」

 公園の広場までやってきた。コンクリートタイルのあちこちに、煤(すす)だらけの避難民がへたりこんでいた。噴水の縁にもたれるように焼けだされた人たちが集まっている。誰の顔にも感情はなかった。煤で黒い顔のなか、血走った目だけが白く浮かんでいる。あまりにもひどいものをたくさん見過ぎて、感情は灰になって燃え尽きてしまったのだ。ここにいる誰もが戦争のほんとうの意味を身体(からだ)で理解していた。登美子がいった。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです