メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺品整理

西目屋村、組合と協定 高齢者の孤独死対策で /青森

 高齢者の孤独死に伴う遺品整理が社会問題になる中、西目屋村は24日、遺品整理のサポートなどを行う「あおもり遺品整理協同組合」(事務局・弘前市)と連携協定を締結した。自治体が同組合と協定を結ぶのは初めてで、遺品整理の充実や生活用品などの放置による近隣世帯への環境悪化を防ぐことなどが期待されている。

 村によると、村内の高齢者数は今月1日現在で535人。高齢化率は39・77%で、1人暮らしの高齢者は46人いる。遺品整理が必要な…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです