メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

那須温泉 山楽/中 二十四節気を献立に 最後の一品まで喜びを /東京

 ◆那須温泉 山楽 栃木県那須町湯本206

 トマトの赤、オクラの緑、卵の黄色--一つの皿に色とりどりの料理が並ぶ。夕食の最初に出される先付けは見た目も楽しい。「大暑」「立秋」などの「二十四節気」は1年の季節の移ろいを表す。それを意識し大切にしているのが旅館の懐石料理だ。その献立を担当している小口厚志総料理長(49)が言う。

 「二十四節気の方が、食材の本当においしい時期や季節感を取り入れることができます」。記者が訪れた7月…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文718文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです