メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琴電

第4種踏切、撤去へ 接触事故受け安全対策 41カ所、住民と協議 /香川

香川1事故が起きた多肥上第2踏切。手押しの遮断棒しか設置されていない=高松市多肥上町で2018年7月30日、小川和久撮影

 高松琴平電気鉄道(高松市)は、同社の線路の41カ所に設置されている警報機などがない「第4種踏切」について撤去を急ぐ。高松市内で7月に小学生男児が電車と接触した事故を受け、更なる安全対策が急務と判断した。明確な撤去期限は未定だが、今後沿線住民と協議し、どの踏切を優先して廃止していくかなどを決めていくという。【小川和久】

 第4種踏切は、電車の接近を知らせる警報機や遮断機が設置されていない踏切。1961年には事故防止など…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです