メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オスプレイ

佐賀配備計画 政府、地権者交渉急ぐ 「離島防衛の柱」

 政府は、佐賀県が陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画を受け入れたことを歓迎している。今後は県有明海漁協など地権者への事業説明や用地取得交渉を加速させる。また年度内に米国から納入される5機を陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備するため、木更津市など関連自治体との調整も本格化させる。

 陸自は2021年度までにオスプレイ17機を導入する予定だ。機体は今秋以降に米側から順次納入され、今年3月に陸自相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で新編された「水陸機動団」を輸送する役割を担う。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです