メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

数字の銀行名いくつ? 明治期は153 「継承」「足し算」など現8行=回答・深津誠

 なるほドリ 数字が行名の銀行をニュースで見かけたよ。

 記者 九州の地銀再編で報道された十八銀行や都市対抗野球大会に出場した七十七(しちじゅうしち)銀行のことですね。数字が行名の銀行は、多くは1872(明治5)年制定の国立銀行条例に基づいて設立されました。第一国立銀行を皮切りに認可順に番号が付けられ、約6年間で百五十三まで増加。国立と言っても国営ではなく民間の銀行でした。「第一」は、旧第一勧業銀行を経てみずほ銀行になっています。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです