メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
19年度予算

概算要求102兆円台後半 過去最大の見通し 社会保障など増大

 年末の2019年度予算編成に向けた各省庁の概算要求の総額が102兆円台後半に膨らみ、過去最大だった16年度(102兆4000億円)を上回る見通しとなった。社会保障費や防衛費の増大などが主因だ。

 要求総額が100兆円の大台を超えるのは5年連続で、18年度は101兆円だった。

 19年度予算の概算要求では、各省庁が政策に充てる一般歳出が、前年度の要求額に比べ9000億円増の62兆4000億円程度となる見通し。このうち、一般会計予算の約3割を占める社会保障費は、高齢化による医療、年金費用の増加で60…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  2. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです