メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおかFG・十八銀

長崎地銀統合 地方経済どう活性化 寡占に懸念も

 公正取引委員会がふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行の経営統合計画を承認した。経営統合の先には、人口減少が進む地方の経済をいかに活性化させるかという課題が待ち受ける。また、地元の中小零細企業の間にはFFGによる金融市場の寡占が進むことによる金利引き上げへの懸念もあり、信頼を獲得できるかが問われる。

 「地域金融機関の経営基盤が揺らげば地域への影響は深刻で、統合の必要性を強く訴えてきた」。FFGの柴戸隆成社長は記者会見で強調した。公取委の承認を得るための債権の借り換えに関しても「顧客の意思を尊重して進めることができた」と語った。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです