メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおかFG・十八銀

長崎地銀統合 地方経済どう活性化 寡占に懸念も

 公正取引委員会がふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行の経営統合計画を承認した。経営統合の先には、人口減少が進む地方の経済をいかに活性化させるかという課題が待ち受ける。また、地元の中小零細企業の間にはFFGによる金融市場の寡占が進むことによる金利引き上げへの懸念もあり、信頼を獲得できるかが問われる。

 「地域金融機関の経営基盤が揺らげば地域への影響は深刻で、統合の必要性を強く訴えてきた」。FFGの柴…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです