メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

置き去りの戦後補償 今回のゲスト 有光健さん(その1)

有光健さん(右)と森健さん=東京都千代田区で

 第二次世界大戦は73年前に終わった。だが今も被害に苦しんでいる人、補償を求めて闘っている人たちがいる。日本が復興を遂げる中なぜ置き去りにされたのか。今後何をすべきなのか。ジャーナリストの森健さんが、戦後補償問題に詳しい、有光健・大阪経済法科大客員研究員と話し合った。【構成・栗原俊雄、撮影・根岸基弘】

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです