メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

置き去りの戦後補償 今回のゲスト 有光健さん(その1)

有光健さん(右)と森健さん=東京都千代田区で

 第二次世界大戦は73年前に終わった。だが今も被害に苦しんでいる人、補償を求めて闘っている人たちがいる。日本が復興を遂げる中なぜ置き去りにされたのか。今後何をすべきなのか。ジャーナリストの森健さんが、戦後補償問題に詳しい、有光健・大阪経済法科大客員研究員と話し合った。【構成・栗原俊雄、撮影・根岸基弘】

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです