メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

置き去りの戦後補償 今回のゲスト 有光健さん(その1)

有光健さん(右)と森健さん=東京都千代田区で

 第二次世界大戦は73年前に終わった。だが今も被害に苦しんでいる人、補償を求めて闘っている人たちがいる。日本が復興を遂げる中なぜ置き去りにされたのか。今後何をすべきなのか。ジャーナリストの森健さんが、戦後補償問題に詳しい、有光健・大阪経済法科大客員研究員と話し合った。【構成・栗原俊雄、撮影・根岸基弘】

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです