メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

ソフトボール 日本圧勝5連覇 台湾に7-0

五回コールドで優勝を決めてマウンドに駆け寄る上野由岐子(左奥)ら日本代表の選手たち=ジャカルタで2018年8月24日、宮間俊樹撮影

 (第7日・記録は共同など)

 ソフトボールの決勝があり、日本が台湾に7-0で五回コールド勝ちを収めて、金メダルを獲得した。1次リーグから無敗で、大会5連覇を達成した。

 米国との激闘の末、準優勝に終わった世界選手権から12日。宇津木麗華監督は決勝の先発マウンドに、日本のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)を再び指名した。「やはり大事な試合だったから」と宇津木監督。実力と経験を信頼すればこその選択だった。

 開会式で日本選手団の旗手も務めた右腕は一回、立ち上がりを攻められ1死一、二塁のピンチを招く。だが、…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです