連載

Features・2020年へ

Features(フィーチャーズ)は英語で特集や主役などを意味する。2年後の東京五輪を目指し、アジア大会を戦う日本選手団を紹介する。

連載一覧

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 陸上・短距離 山県亮太(26) 「9秒8台」の世界へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山県亮太 アジア最速を目指して
山県亮太 アジア最速を目指して

 陸上男子100メートルで、アジア最速の座を狙う。最大の壁は今年6月に9秒91のアジアタイ記録を2度出して好調の蘇炳添(中国)だ。意識するライバルとの争いを制した先に目標とする2020年東京五輪での決勝進出と9秒台が見えてくる。

 24日にブンカルノ競技場で最終調整し「どんどん気持ちが盛り上がってきている」と引き締まった表情で話した。

 5月20日に大阪で行われたセイコーゴールデングランプリの男子400メートルリレーで同じ第1走者を務めた蘇炳添の体格に衝撃を受けた。ずん胴に見えるほど背中や腹部周辺が筋肉で覆われていた。「体の厚みが違う。自分も鍛えている方だと思っていたが全然足りない」と刺激を受けた。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1063文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集