将棋

棋聖戦1次予選 藤井七段、女流第一人者撃破 「手ごわかった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
棋聖戦1次予選で里見香奈女流王座(左)を破り、対局を振り返る藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で2018年8月24日午後0時45分、久保玲撮影
棋聖戦1次予選で里見香奈女流王座(左)を破り、対局を振り返る藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で2018年8月24日午後0時45分、久保玲撮影

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第90期棋聖戦1次予選で里見香奈女流王座(26)に82手で勝った。次戦の準決勝で村田顕弘六段(32)と対戦する。

 先手番を握った里見は得意の中飛車戦法で序盤を優位に進めた。各1時間の持ち時間を藤井が先に使い切ったが、…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

あわせて読みたい

注目の特集