特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京パラリンピック

開会式15万円 競技チケット、最安は900円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京パラリンピックのチケット価格帯
東京パラリンピックのチケット価格帯

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、パラリンピックの入場券価格を発表し、一般入場券の最高価格は開会式の15万円となった。競技は900~7000円。パラリンピックの価値を高めるために過去の大会よりも最高額を引き上げる一方、スタジアムを満員にするために最低価格を1000円未満に抑えた。19年夏から一般販売される。

 開会式は、8000円から15万円に価格を設定した。組織委によると、最高額は12年ロンドン大会が500ポンド(約6万3000円)、16年リオデジャネイロ大会は1200レアル(約3万7000円)=為替レートは大会時=で、国際パラリンピック委員会(IPC)の意向もあり、大幅に引き上げた。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文506文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集