メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

開会式15万円 競技チケット、最安は900円

東京パラリンピックのチケット価格帯

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、パラリンピックの入場券価格を発表し、一般入場券の最高価格は開会式の15万円となった。競技は900~7000円。パラリンピックの価値を高めるために過去の大会よりも最高額を引き上げる一方、スタジアムを満員にするために最低価格を1000円未満に抑えた。19年夏から一般販売される。

 開会式は、8000円から15万円に価格を設定した。組織委によると、最高額は12年ロンドン大会が50…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです