メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ大統領選

現職の当選が確定 野党の異議退ける

 【ヨハネスブルク小泉大士】ジンバブエの大統領選挙(7月30日投票)の結果をめぐり、同国の憲法裁判所は24日、選挙管理委員会が得票数を操作したとする最大野党の民主変革運動(MDC)の異議申し立てを退け、現職のムナンガグワ大統領の当選が確定した。26日に就任式が行われる。ロイター通信によると、裁判長は「選管の不正を裏付ける証拠がない」と述べた。

 37年間にわたって実権を握ってきたムガベ前大統領の退陣後初となった大統領選で、ムナンガグワ氏は自由…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 注目裁判・話題の会見 田口、小嶺両被告が法廷で語った「愛」と「更生」

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです