メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・阿賀野川

花火女子、夜空に「創作物語」打ち上げへ

花火大会3日前、最後の打ち合わせを行う花火女子=新潟市北区で2018年8月22日午後7時56分、南茂芽育撮影

 新潟市東区と北区をつなぐ阿賀野川で毎年8月25日に開かれる「阿賀野川ござれや花火」に、今年はいっぷう変わった創作花火が登場する。考案したのは地元在住の女性4人、その名も“花火女子”。県内初のセリフ付きストーリー仕立ての打ち上げ花火を創作した。「素人集団だからこそ他にない魅力ある花火にしたい」と思いを込める。

 25日にしか見られない阿賀野川の妖精。訪れた祖父と孫が妖精を呼ぶと、思わぬ妖怪が現れる--。「妖精の夏のいたずら」と題した創作花火はこんなおとぎ話のようなシーンから始まる。22日、市の北地区公民館で2カ月にわたり花火の構成を考えてきた花火女子4人が最後の打ち合わせを行い、「無事に打ち上がりますように」と願いを込めた。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです