特集

清水希容(空手)|東京オリンピック

大学まで駅のホームでも練習を始めるストイックな性格。見た目とはギャップのある迫力ある演武に注目

特集一覧

アジア大会

清水希容、2大会連続「金」 空手・女子形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
空手女子形決勝で優勝し金メダルを手に記念撮影に応じる清水希容=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影
空手女子形決勝で優勝し金メダルを手に記念撮影に応じる清水希容=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、空手の女子形が行われ、世界選手権2連覇中の清水希容(ミキハウス)が2大会連続で金メダルを獲得した。日本勢は1994年広島大会で同種目が採用されて以降の連覇記録を7に伸ばした。

 原点に立ち返った世界女王が2連覇を果たして、2020年東京五輪での金メダル獲得に向け、弾みをつけた。

 一時は「絶対女王」と呼ばれた清水も、16年に東京五輪の実施競技に決まってレベルが急上昇したこともあり、今年の国際大会ではすでに2敗を喫していた。敗因の一つが東京での金メダルの確率を高めるために、より難易度の高い形に挑戦していることだ。

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文451文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集