特集

喜友名諒(空手)|東京オリンピック

「絶対王者」として沖縄県出身者として初の金メダリストに輝いた。閉会式では日本選手団の旗手を務める

特集一覧

アジア大会

喜友名諒が「金」 空手・男子形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
空手男子形決勝で優勝し、金メダルを手に記念撮影に応じる喜友名諒=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影
空手男子形決勝で優勝し、金メダルを手に記念撮影に応じる喜友名諒=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、空手の男子形が行われ、世界選手権2連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が金メダルを獲得した。日本勢の同種目での優勝は2006年ドーハ大会の古川哲也以来12年ぶり。

 世界王者が、日本の伝統競技ながら2大会連続で逃していた金メダルを取り戻した。

 空手発祥の地とされる沖縄県出身。力強さ…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文379文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集