メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段「手ごわかった」 里見女流4冠・棋聖戦に

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第90期棋聖戦1次予選で里見香奈女流王座(26)に82手で勝った。次戦の準決勝で村田顕弘六段(32)と対戦する。

 女流全6タイトルのうち四つを持つ女流棋士の第一人者との対局で注目を集めた一番。対局室は24社約50人の報道陣で熱気が渦巻いた。

 先手番を握った里見は得意の中飛車戦法で序盤を優位に進めた。各1時間の持ち時間を藤井が先に使い切ったが、終盤、秒読みの中で放った一手を境に、流れが一気に藤井に傾き、そのまま押し切った。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  3. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです