メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山

顧客に襲われPTSD 女性外交員が住友生命提訴

 上司の指示で顧客の自宅へ集金に行った際に襲われ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などで働けなくなったとして、住友生命保険(大阪市)の保険外交員の30代女性が24日、同社に慰謝料など440万円の損害賠償を求める訴えを岡山地裁に起こした。

 訴状などによると、女性は同社岡山支社に勤めていた2016年5月、1人暮らしの顧客の男(当時36歳)=岡山市=の自宅を訪れた際に押し倒されて負傷し、性的暴行…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです