岡山

顧客に襲われPTSD 女性外交員が住友生命提訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「上司の指示で集金に行き被害」と損害賠償求める

 上司の指示で顧客の自宅へ集金に行った際に襲われ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などで働けなくなったとして、住友生命保険(大阪市)の保険外交員の30代女性が24日、同社に慰謝料など440万円の損害賠償を求める訴えを岡山地裁に起こした。

 訴状などによると、女性は同社岡山支社に勤めていた2016年5月、1人暮らしの顧客の男(当時36歳)=岡山市=…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集