佐賀オスプレイ受け入れ

知事、100億円基金創設を強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会見をする山口知事=佐賀市で2018年8月24日午後3時20分、竹林静撮影
会見をする山口知事=佐賀市で2018年8月24日午後3時20分、竹林静撮影

山口・県知事「熟慮に熟慮を重ねた結果だ」

 「熟慮に熟慮を重ねた結果だ」。佐賀空港(佐賀市)への陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機オスプレイ配備計画は、防衛省の要請から4年を経て、山口祥義(よしのり)・佐賀県知事が24日、受け入れを表明した。「金の問題じゃないが」としながらも、防衛省と合意した100億円の基金創設を強調。計画地の地元漁協も協議に応じる姿勢を示すが、事故などを懸念する漁業者や県民からは反発の声も上がる。【関東晋慈、池田美欧、竹林静】

 山口知事は小野寺五典防衛相との合意後、県庁で臨時記者会見を開いた。漁業者の反発を考慮し苦渋の表情で「100億円の基金で(事故などの不安が)払拭(ふっしょく)されるとは思わないが、一定の形ができたと思う」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1617文字)

あわせて読みたい

注目の特集